サイトへ戻る

ZOZOは2月雇い止め撤回を!

■ZOZOを70歳まで働ける職場に!

 

 いま社会全体で、3月末に大量の雇い止めがおこなわれると言われています。大手企業などでも退職勧奨や解雇予告などが始まっています。
 ZOZOで働く方からも2月末で契約満了=雇い止めの相談がユニオンに寄せられています。とりわけ、60歳をこえて、「停年だから」という理由で雇い止めしようとしていることは絶対に許せません。年金支給開始年齢の引き上げにより、高年齢者雇用安定法の改正(4月施行)され、「70歳までの雇用延長」の努力義務が企業にたいして求められています。コロナ禍のなか、大幅な利益(※)をあげる大企業であるZOZOは、社会にたいする雇用責任があります。大幅な利益増は、時給制の契約社員・アルバイトと派遣労働者が、コロナのなかでがんばって働いたことによってもたらされています。この労働者を、コロナ禍の厳しい中に放り出すことなど、どうして許せるでしょうか! 私たちは、あくまで雇い止め撤回を求め、雇用維持するために交渉していきます。

 

■コロナによる労働問題が発生していませんか?

 

 私たちは、今後とも継続的に交渉していきます。とりわけ、60歳をこえても働けるような職場にすることをはじめ、ZOZOの職場を生活・将来設計も可能な安心できる雇用をめざし、契約期間・賃金・手当、その他処遇改善をめざします。
 いまコロナ禍のなかで、労働組合と縁のなかった人たちが、新しく労働組合をつくっています。ZOZOユニオン結成は、京葉湾岸地域の多くの労働者から支持や反響をいただいています。一緒にユニオンに入って、ZOZOを安心して働ける職場にしていきませんか? 組合員が増えると交渉力は増します。(組合へのアドバイス、助言、「タレコミ」なども受け付けています)派遣の方の加入・相談も受け付けています。


※ZOZOの2021年3月期第3四半期(2020年4月1日〜12月31日)の決算では、商品取扱高が約3042億万円、売上高が約1084億万円で、前年比1.2倍の大幅な増収だった。営業利益も約337億円で前年比74.3%増。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。