サイトへ戻る

労契法20条裁判-最高裁判決について

非正規職撤廃! 司法を超える労働運動を!

 10月13と15日。労働運動に重大な影響を及ぼすと言われた三つの最高裁判決が下りた。①賞与の格差を問題にした大阪医大、②退職金の格差を問題にした東京メトロコマース、③扶養手当などの諸手当の待遇格差を争った郵政の三つの裁判だ。これらの裁判は、あまりにも酷い格差の中で、一つの非正規の決起・結集軸として全国のユニオンなどを中心に闘われてきた。労働契約法20条にある「有期か否かによって不合理な差別をしてはいけない」という立法趣旨を土台にして、正社員との格差是正を求める裁判として6年をこえて闘われ、大きな注目を集めてきた。

●非正規の賞与・退職金は「0円」でいい

 ①②については、最高裁は「一般論的では、退職金を非正規労働者に支給しないと不合理になることはありうるとしながらも」としたものの、今回のケースは「不合理な格差とまでは言えない」と高裁の判断をひっくり返した。原告の当該や弁護団も予想しなかった逆転反動判決だ。①では、高裁は「賞与は正社員の6割」という判決だったが、最高裁は「0円」。②でも、退職金は「正社員の4分の1」という高裁判決すら認めない「0円」という判決だ。退職金や賞与は、「功労金」などではなく賃金の一部だ。これが許されれば非正規は大幅な賃下げも裁判所がお墨付きを認める政治的影響をもつ。

 裁判が始まった時の首相である安倍ですら「同一労働同一賃金の実現を」と謳い、「非正規の賃金を欧州並みの8割に」と建前上は言っていた。まったく同じ仕事をしながら、いくら格差があるとしても、「0円」とは合理的にも説明がつかない! 「ボーナスも退職金もなくて当然」という判決だ。労働法や労契法といった法律をも超えた、菅政権によるウルトラな政治的判決だ。

●手放しに「勝訴」とは言えない郵政

 一方、郵政の判決は格差が不合理として原告の主張が認められ、「退職金・賞与はダメでも、手当は認められた」とマスコミによって印象付けられている。しかし、核心部分には手を付けさせなかったということだ。これらの裁判を担当した河村弁護士は、「判決は画期的で格差是正の足がかりになる。しかし差別の中心である基本給・賞与・退職金について最高裁は取り上げなかった」という。この意味ではワンセットの判決だ。ジャーナリストの竹信三恵子氏は「2年前のハマキョウレックス事件や長澤運輸事件と同様に、手当は働く上での費用(経費)。賞与や退職金は賃金の変形→賃金は『評価』なので評価権を会社は手放さない」と解説している。

 日本郵政は「均衡待遇」と称して新一般職という限定正社員制度をつくり、手当などをなくして正規を非正規に近づけるということをやっている。会社全体から見れば、正社員から奪った賃金で、6割をこえる非正規職に「是正」と称して、涙金程度の手当をあたえてごまかすということにすぎないかもしれない。

●原点に返って非正規職撤廃の闘いを!

 90年代以降、日本の労働者の賃金は下がり続けてきた。非正規職は労働者全体の4割、2000万人におよぶ。いまや非正規職がこの社会をまわしていると言っていいくらい、基幹的位置になっている。正社員と比較して責任がないとか、一時的限定的という職ではない。裁判の原告たちは10年以上も契約を更新し、正規と同じように働いてきた労働者だ。

 同時に、この最高裁判決は、非正規・女性への差別的判決とも言える。「女性は手当がなくて当然」という偏見に満ちている。女性の非正規率は56・4%。非正規問題は女性の問題とイコールだ。過去20年間、世界と比較しても日本だけが賃金が減り続けてきたのは、女性の非正規化に核心がある。あらためて、非正規の闘いをつくっていかねばらならい。

●この判決の影響は

 非正規化や限定正社員化を進めてきた日本郵政にたいして、「格差は不合理」と認めさせた政治的意味は大きい。最高裁を押し込んだのは、あまりにもデタラメな格差は許さないという現場の非正規の意思でもある。この判決で、郵政は「スキルAありの非正規職にたいしては、約100万円程度が支払われる」(郵政20条裁判原告)という。18万人にのぼる郵政の非正規に「格差是正」のため支払われる額は巨額だ。この判決をも武器に職場でドンドン言っていくことで、状況を変えることができる。

●コロナ解雇=倒産と対決を

 現場の闘いにある。「格差是正」を謳った労契法20条だが、法の抜け道はいくらでもある。すべては力関係によって決まる。

 現実は年末に向かって激しく進行しようとしている。コロナ禍に便乗した解雇・一時金カットがANAやJRをはじめとする大企業で始まっている。正社員でも「ボーナスゼロは当たり前」にしようとしている。第14回定期大会での教訓を活かして、ちば合同労組を今の時代に通用するユニオンへ大きくしていきましょう。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。