Return to site

コンビニ労働相談ホットラインの反響

· 労働相談

ちば合同労組は、「コンビニ労働相談ホットライン」を絶賛設置中です。7月11日のセブンイレブンの日に合わせてチラシ配布を行いましたが、ポツポツと相談が寄せられています。

   *  *  *

ある大手コンビニ系列で複数店舗を運営する法人の社員さんからお電話をいただきました。数万円の手当だけで月100時間を超える残業をしているとのこと。受話器からの「自分が死んだら労災申請するように家族に伝えている」と声に、一瞬、返す言葉がありません。自分だけでなく仲間のことも心配だと意を決して電話を下さったようです。

「労働組合に加入すれば、団体交渉を行うこともできます」「労働基準監督署に同行することもできます」等のお話をさせていただきましたが、まずはじっくりコンビニ職場の実態を聞き一緒に考える労働組合もあることを伝えたいと、いまあらためて思っています。

   *  *  *

オーナーや社員、アルバイトや外国人労働者の皆さんの生命や健康、人権や労働条件を守るために労働組合だからこそできることがあります。職場に残って働き続けるためにこそ労働組合は活動したいと思っています。

ちば合同労組は当面「コンビニ労働相談ホットライン」を継続します。チラシ配布も続けます。労働組合を必要とする人にぜひ伝えて下さい。またチラシ配りや労働相談などを手伝っていただける方、ぜひご連絡ください。

コンビニ労働相談ホットライン
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly